地域社会指導者研修会に参加して。koj

 この研修会に初めて参加しました。(土曜日のみの参加)
 
 午前中の栗林師範の指導は、何時ものように話の中に参考になる言葉があり、
少し投げても頂き、とても勉強になりました。
 
 昼食後の座学は、国際武道大学の先生による頭部外傷「脳震盪」のお話をして
頂き、画像を交えての説明で、とても分かりやすく興味深く聞かせて頂きました。
 
 三つめは、地元講師による稽古でした。この稽古の中で、私はストレスを溜め
る事になりました。一つの技は交差持ち二教。講師の方は、正面に構えたところ
から二教をされました。私は白帯のおじさんと組んで稽古をしましたが、この方
は姿勢良く、どっしりと構え、銅像の様になられました。普段なら普通の白帯の
人には出来るつもりだったんですが、この人の腕は太く、前後・左右・上下に全
然動かず、どうしたらいいのかな、と色々考えながらやりましたが、最後まで出
来ませんでした。自分の未熟さを感じながらも、この状況で二教はしなくてもい
いのではないかとも思いました。
 
 もう一つの技は、正面打ち入り身投げです。私のお相手は、少し大柄な袴の人
でした。打ってくる相手をうまく崩すことが出来ず、投げる時に相手が非常に重
かったです。なぜ相手を崩すことができないのか? 相手との間合い、相手の打
ち方などいろいろ考えましたが、今の自分の技量では無理でした。
 
 来年、このお二人と組んで、もう少し相手を崩せるよう、稽古に励んでいきた
いと思います。
 
 

This entry was posted in 公式連絡. Bookmark the permalink.

Comments are closed.