合気道は昭和の初めに、不世出の武道家といわれた植芝盛平(1883-1969)によって創始された武道です。
植芝盛平開祖を道主として昭和23 (1948)年に組織されたのが財団法人・合気会で、開祖逝去後は植芝吉祥丸二代道主、植芝守央現道主へと継承されています。合気会は国内外に約150万人の登録者を持つ、合気道の正統かつ最大の組織です。
昭和33(1958)年に神戸支部が発足して数年後、山端一夫・初代神戸支部長により兵庫区の「精武館」道場が支部道場として提供され長く支部会員に親しまれてきましたが、平成7(1995)年1月の阪神大震災で閉鎖のやむなきに至りました。その後の精武館第二道場を使った期間を経て、平成8(1996) 年12月、中尾支部長により現在地に建設された「せいぶ館」道場が、神戸支部道場として提供されて現在に至っています。

せいぶ館は合気道の同好者が集う非営利のアマチュア組織です。旧精武館以来の長い伝統と共に、自由で明るい気風を特色としています。

年4回、合気会本部道場の遠藤征四郎師範(八段)が指導に来神されます。
3月と9月に昇級・昇段試験が行われます。(受験資格を満たし、昇級・昇段後の作文提出が条件です)

昭和33(1958)年5月 山端一夫支部長・米持英夫道場長の体制で、生田警察署柔道場を稽古場として発足。 この後、神戸市兵庫区に支部長により「精武館」道場が建設され、神戸支部道場となる。
昭和38(1963)年 横田金典道場長となる。
平成3(1991)年5月 山端一夫支部長逝去。
平成5(1993)年12月 横田道場長逝去。濱崎正司道場長となる。
平成7(1995)年1月 阪神大震災で精武館道場被災。精武館第二道場が精武館・神戸支部となる。
平成8(1997)年12月 中尾眞吾支部長となる 中尾支部長により建設された「せいぶ館」道場が神戸支部道場となり、現在に至る。

Comments are closed.